1. HOME > ロゴマークとは?
ロゴマークとは?

ロゴマークとは?

身の回りの物には、必ずといっていいほどロゴマークが入っています。簡単に見えて奥の深いロゴマーク、ここではロゴマークの意味と由来を紹介します。

ロゴマークの意味と由来

最近では、企業ロゴや商品ロゴ、ブランドロゴなどロゴという言葉は世の中に広く知られていますが、ひとくくりにロゴといっても本来のロゴの意味を理解している人は多くはないかもしれません。そこでまずロゴについてふれておこうと思います。
ロゴはロゴタイプの略で、もともとは印刷用語として使われ、一文字一文字バラバラの活字ではなく、数個の文字を並べて鋳込んだもののことをいいます。日本では当初合成文字として解釈されてきましたが、近年では広告や出版物などに繰り返し使われる広告主名や商品名を一つの文字デザインとしたものをロゴタイプと呼ぶようになりました。
ロゴマークは和製英語ということもあり定義がはっきりしておらず、一般的には 企業や商品を象徴するようなイメージなどを図案化・マークにしたものをロゴマーク(ロゴマークの例参照)。図案化・装飾化された文字・文字列のことをロゴタイプ(ロゴタイプの例参照)としています。

サークルKのロゴマークサークルK
吉本興業のロゴマーク吉本興業(株)
アピタのロゴマークユニー(株)
ベネッセのロゴマーク(株)ベネッセコーポレーション
ロゴマークの例
ドコモのロゴタイプ(株)NTTドコモ
キヤノンのロゴタイプキヤノン(株)
バッファローのロゴタイプ(株)バッファロー
T-FALのロゴタイプ(株)グループセブ
 
ロゴタイプの例

※ロゴマークご使用の注意
ロゴマークご使用の際はダウンロードされた方の自己責任でご使用ください。 また、商業用途などで使用される場合は、該当する企業、団体等に必ず許可を得てご使用ください。 掲載されているロゴは、現在使用されていないものや、100%正確でない場合がありますのでその点もご了承ください。